UZJ100W|ランドクルーザーシグナスのバッテリー交換方法とバックアップのやり方

トヨタ

※当サイトはアフィリエイトを利用しています

GH-UZJ100W トヨタ ランクルシグナス(以下ランクル)は、トヨタのクロスカントリーモデルです。

同モデルは、世界的にも有名なクロスカントリーモデルであり、その耐久性は世界中に認められてもいます。

ランクルのバッテリー交換は、どのようにすると良いのでしょうか?

本記事では、ランクルのバッテリー交換方法や注意するべきポイントなどについて解説します。

シグナスの適合バッテリー

排気量 車両 エンジン 仕様 充電制御車/IS/HV バッテリー型式
型式 型式 新車搭載 寒冷地仕様
4700 GF-UZJ100W 2UZ-FE シグナス 充電制御車 80D26L 80D26L

GH-UZJ100W トヨタ ランクルシグナスのバッテリー設置場所

ランクルのバッテリーは、どこに設置されているのでしょうか?

ボンネットを開けると助手席側の前に設置されている

ランクルのバッテリーは、大きいボンネットを開けると、助手席側のヘッドライト裏側に設置されています。

さすがランクルです、ボンネットを開けると広大なエンジンルームです。

前に設置されているのには理由があると考える

筆者の身長は、182㎝です。少し平均身長よりも高いと思います。そんな筆者でも、ランクルの車高は非常に高くエンジンルームの奥の方になると手が届きません。

ランクルの車高などを考えると、交換頻度が多めのバッテリーは、できるだけ作業しやすい場所に設置しているのだと考えます。

GH-UZJ100W トヨタ ランクルシグナスのバッテリー交換方法

ランクルのバッテリー交換方法を解説していきます。

バックアップ電源を取得する

ランクルのOBDⅡは、アクセルとブレーキペダルの間で、上の方に設置されています。

ランクルは、トヨタを代表するクロスカントリーモデルです。このランクルシグナスの世代は、安全装備やアイドリングストップなどは装備されていません。

しかしながら、走行しながら学習していくECUがリセットされてしまうことで、調子を悪くしてしまう可能性があります。

バックアップ電源を取得することで、ECUのリセットも行われず、ナビや車内電装品の再設定もいりません。

OBDⅡやシガーからバックアップ電源を取得することは、ランクルのバッテリー交換において大変大切なことです。

バッテリー固定ステーを外す

ランクルのバッテリー固定ステーは、フロントアッパーサポート側に12㎜のボルトが使用されています。

12㎜ソケットとラチェットがあると作業が楽でしょう。

反対側は、10㎜のナットで止まっています。こちらもソケット(できればディープタイプ)とラチェットで作業できます。

マイナス側ターミナルから外す

マイナス端子から外していきます。10㎜のメガネレンチで作業できます。

マイナス端子を外し終えたら、プラス端子を外します。こちらも10㎜のメガネレンチで対応できます。

新しいバッテリーに交換して逆の手順で取り付けして終了

古いバッテリーを外せたら、新しいバッテリーを設置して、外した時と逆の手順で作業したらバッテリー交換は終わりです。

GH-UZJ100W トヨタ ランクルシグナスのバッテリー交換での注意点

ここでは、ランクルのバッテリー交換で注意したらよい点について解説します。

ランクルシグナスの車高は結構高いのに注意

やはり一番気になるのは、ランクルの車高です。

ランクル100には、アクティブハイトコントロール機能があります。

バッテリーを交換する場合は、ローにしてあげると作業しやすいでしょう(50㎜ほど下がります)。

また、作業する高さを確保するのに、脚立などを用意しておくと便利です。

GH-UZJ100W トヨタ ランクルシグナスのバッテリー交換に必要な工具

ランクルのバッテリー交換では、

  • バックアップ電源ツール
  • 12㎜のソケット+ラチェット(12㎜メガネレンチでも可)
  • 10㎜のソケット+ラチェット(10㎜のメガネレンチでも可)
  • 10㎜のメガネレンチ

などがあると作業ができます。



排気量 車両 エンジン 仕様 充電制御車/IS/HV バッテリー型式
型式 型式 新車搭載 寒冷地仕様
4700 GF-UZJ100W 2UZ-FE シグナス 充電制御車 80D26L 80D26L

コメント

タイトルとURLをコピーしました