KDH206V|トヨタ ハイエースのバッテリー交換方法とバックアップのやり方

KDH206V トヨタ ハイエース トヨタ

※当サイトはアフィリエイトを利用しています

KDH206V トヨタ ハイエース(以下ハイエース)は、トヨタが誇る働く商用バンです。

ライバルに日産キャラバンがあるのですが、日本国内だけでなく、海外でもハイエースの人気が高いといえます。

ここでは、ハイエースのバッテリー交換方法や注意点などについて解説します。

KDH206V トヨタ ハイエースのバッテリー設置場所

KDH206V トヨタ ハイエース

ハイエースは、エンジンをフロントシート下に設置しています。

バッテリーもエンジンに関連した場所にあります。

助手席側シートを持ち上げる必要がある

KDH206V トヨタ ハイエース

ハイエースのバッテリーを交換する場合には、助手席側シートを持ち上げる必要があります。

結構重たいので、指などをケガしないように注意しましょう。

助手席側シート下の奥にバッテリーは設置されている

助手席側シートを持ち上げると、助手席下の奥の方にバッテリーが設置されています。

KDH206V トヨタ ハイエースのバッテリー交換方法

KDH206V トヨタ ハイエース

それでは、ハイエースのバッテリー交換方法について説明していきます。

バックアップ電源を取得する

KDH206V トヨタ ハイエース

KDH206V型のハイエースの場合は、年式や装備によって異なるリセット数になるのですが、

下記のようなリセットが必要になるケースがあります。

  • パワーウィンドウのオート設定初期化
  • ステアリングセンサーの初期化
  • ドアロックの初期化
  • パワースライドドアの初期化

筆者の経験では、バッテリーを長く外しておくことで、ECUがリセットされてしまい、再学習するまでバッテリー交換前と走行感触が変わってしまったというのが多くありました。

ハイエースのOBDⅡは、ブレーキペダルの上方です。

KDH206V トヨタ ハイエース

バックアップ電源を取得しておくことで、上記のようなリスクが少なくなることと、エンジンスターターやナビなどの再設定も不必要になります。

バッテリー固定用ステーを外す

KDH206V トヨタ ハイエース

ハイエースのバッテリー固定ステーは、片側に10㎜のナットが止まっています。

逆側は、引っかかって止まっているだけですので作業がしやすいです。

KDH206V トヨタ ハイエース

ハイエースのバッテリー設置場所は比較的狭く、さらに鉄で囲まれていたり、周りに色々な配線が通っています。

10㎜のディープソケットとラチェットで作業すると安心です。

バッテリーのマイナス端子を外す

KDH206V トヨタ ハイエース

通常であれば、10㎜のメガネレンチなどでマイナスターミナルを外せます。

KDH206V トヨタ ハイエース

ハイエースのマイナスターミナルは、10㎜です。しかしながら、10㎜のナット部分が腐食で回らないケースも多くあります。

こういったケースでは、上の緑矢印の12㎜の方を外してあげると良いでしょう。

KDH206V トヨタ ハイエース

ターミナルが腐食でひどくなってしまっているケースでは、交換する必要が出てきます。

ハイエースのターミナルは、特殊な形状です。

バッテリー交換する前にターミナルの状態を確認しておきましょう。

バッテリーのプラス端子を外す

KDH206V トヨタ ハイエース

バッテリーのプラス端子を外したら、バッテリーを持ち上げて取り出しましょう。

ここで注意してほしいのは、バッテリーの重さです。18㎏前後あります。

スペースの狭いところから持ち上げるので、落とさないように十分注意しましょう。

新しいバッテリーを載せて外した時と逆の手順で組み付ける

新しいバッテリーを設置して、逆の手順で取り付けてあげれば作業終了です。

KDH206V トヨタ ハイエースのバッテリー交換での注意点

KDH206V トヨタ ハイエース

ここでは、ハイエースのバッテリー交換の際の注意点などについて解説します。

ハイエースのバッテリーはショートさせやすい?

ハイエースのバッテリーのプラス線は、かなり太く取り回しがしづらい形状になっていて、プラスターミナルにメインハーネス以外のハーネスも分岐されています。

さらにスペースが狭くバッテリー設置も大変で、プラスターミナルなどでのショートに危険性が高いといえます。

こういったときに役に立つのが、軍手などによる絶縁です。

ハイエースのバッテリー交換で必要な工具

ハイエースのバッテリー交換で必要な工具は

  • バックアップ電源取得ツール
  • 10㎜のディープソケット+ラチェット
  • 12㎜のソケット
  • 10㎜のメガネ
  • 軍手など絶縁できるもの

ハイエースにおすすめなバッテリー3選

排気量 車両 エンジン 仕様 充電制御車/IS/HV バッテリー型式
型式 型式 新車搭載 寒冷地仕様
3000 LDF-KDH206V 1KD-FTV ECT・MT・4WD 85D26R 85D26R×2
3000 LDF-KDH206V 1KD-FTV ECT・MT・4WD 85D26R 85D26R×2

※寒冷地仕様はバッテリーが2個搭載されています。

おすすめ度★★★★★
Panasonicカオス(N-125D26R)
■「みんから」でも殿堂入り。高い耐久性と信頼性、さらにオーディの音質向上にも貢献するコスパと性能が最高のバッテリー。整備士としてもおすすめ。

おすすめ度★★★★☆
Tuflong PREMIUM PLUS(85D26R)
■エナジーウィズは旧日立化成が前身で、バッテリーメーカーとしての歴史は長く、国産車でも広く採用されている。耐久性にも定評がありブランドとしての知名度はGSユアサやフルカワに劣るものの製品の信頼性は高い。

おすすめ度★★★☆☆
ATLASBX ATLAS PREMIUM(95D26R)
■韓国のバッテリーシェアナンバーワン。高性能と低価格を実現しているが、商品の耐久性にバラつきがある?正規店のものを購入が無難。

コメント

タイトルとURLをコピーしました