※当サイトはアフィリエイトを利用しています

車のバッテリーは自然回復しない|回復させる方法とは

軽自動車 バッテリー バッテリーの寿命
※実際にバッテリーのサイズや端子の向きを確認してください。

まず前提として、バッテリーは危険物であるため作業を行う前に必ず安全対策を講じる必要があります。

また、バッテリーが劣化している場合は、交換することが安全で確実な解決策となります。

車のバッテリーが自然に回復することはありえない

乗用車 バッテリー

失ったエネルギーは戻ってこない

車のバッテリーが自然に回復することはなく、バッテリーが劣化したり充電ができなくなった場合は、新しいバッテリーに交換するしかありません。

バッテリーが弱る原因は大きく2つあり、経年劣化によるものや充電と放電を繰り返すことでバッテリー内部の鉛の電極板の表面が劣化しサルフェーションを起こすこともあります。

この状態になるとバッテリーとして充電を受け付けない状態になっているので完全にバッテリーの寿命といえます。

とはいえ、購入したすぐのバッテリーをうっかりと上がらせてしまった場合などは「もったいない・・・なんとか回復させられないかな」と思ってしまいます。

絶対に回復することはない?

ただし、ほんのすこしだけ悪あがきさせる方法もあり、例えば周辺の気温がかなり低いときなどは、気温が上昇するのを待つことでバッテリー内部の温度も上昇し、やや回復することもあります。

また、バッテリー復活剤や再生剤などと呼ばれるケミカル商品を使用することで一時的に過放電をしてしまったような比較的に新しいバッテリーなら回復させることもできます。

弱った車のバッテリーを回復させるには?

弱った車のバッテリーを回復させる方法はいくつかあります。

時間をかけてゆっくりと充電する

最も簡単な方法は、充電器を使用してバッテリーを充電することです。充電器をバッテリーに接続し、適切な電圧とアンペア数で充電します。ただし、過剰充電はバッテリーに損傷を与える可能性があるため、充電器の指示に従って充電する必要があります。

できるだけ時間をかけて弱い電流をかけて充電することでバッテリー内部の温度が上昇しにくくバッテリーを傷めません。

バッテリー液を補充する

バッテリーの液が不足している場合

バッテリー液を追加することで回復することができ、バッテリー液を追加する前にバッテリーのキャップを外して液が不足しているかどうかを確認し、液面が規定ラインを超えないように補充していきます。

ただし、バッテリー液を補充することで希硫酸の濃度がさらに薄くなってしまうので、バッテリー液を補充した場合はすぐに充電をする必要があります。そのまま放置はおすすめしません。

とくに、バッテリーの電極板が出るくらいまで液面が下がってしまっている場合は、ほとんどの場合はバッテリーの寿命なので回復できませんが、電極板が空気に触れないように速やかに液を補充する必要があります。

この場合はかなりの確率でバッテリーの寿命を迎えているのですが、「ダメ元」でもやって見る価値はあります。

バッテリーチャージャーを使用する

バッテリー 充電
バッテリーチャージャーは、バッテリーを充電することでバッテリー内部の化学反応を促進することができるため、バッテリーを回復することができます。

バッテリーの充電をするタイミングが遅いほど、回復させることができる確率も低くなり、上がらせてしまった直後に充電をすることが望ましいです。

バッテリー回復剤や再生剤を試してみる

バッテリー液としては不純物を取り除いた「純水」が使用されることが一般的ですが、バッテリー内部の電極板の表面に起きるサルフェーションを抑制させるケミカル剤もあります。

また、弱ったバッテリー内部を再生させたり強化をする商品もあり、使用しはじめてから2年以内の比較的に新しいバッテリーなら効果が期待できます。

ターミナルクリーナーを使用する: バッテリーのターミナルには、酸化物や汚れが蓄積されることがあります。ターミナルクリーナーを使用してターミナルを清掃し、バッテリーの電力伝達を改善することができます。

車を走らせてあげるだけでも効果がある

頻繁な短距離運転や長期間の放置など、車両の適切な使用方法によっては、バッテリーの寿命が短くなることがあります。適切な車両の使用方法に従い、バッテリーを適切にメンテナンスすることが重要です。

つまり、

車のバッテリーはエンジンがかかっている状態ならオルタネーター(発電機)から充電されることで自然に満充電に近い状態になります。

もちろん、エアコンなどの大量の電気を消費する電装品などを過度に使っている場合は充電が不十分になることもあります。

とくに冷房を使用した状態での長時間のアイドリングでは、むしろ「赤字充電」になることがあり、バッテリーをさらに弱らせてしまうこともあります。

 

発電機の健全性を確認しておく

車両のシステムに問題がある場合、バッテリーの寿命を短くする可能性があります。オルタネーターの充電性能を定期的に点検し、問題があれば交換することも大事です。

 

まとめ

・バッテリー液を液面まで補充する

・バッテリー再生剤や強化剤を使用してみる

・充電器を使ってバッテリーを充電する

・電気負荷をかけない状態で車を走らせると自然に充電が行われる

これらの方法を組み合わせて行うことで、弱った車のバッテリーを回復することができます。ただし、バッテリーが完全に劣化している場合は、新しいバッテリーに交換する必要がある場合があります。

また、バッテリーの寿命を延ばすためには適切なメンテナンスが必要です。

タイトルとURLをコピーしました