※当サイトはアフィリエイトを利用しています

※実際にバッテリーのサイズや端子の向きを確認してください。

トヨタ|アクア(NHP10)補機バッテリー適合表・交換方法

NHP10 アクア バッテリーの交換方法

アクア(NHP10)補機バッテリー適合表

初代 トヨタ アクア

【前期型】2015年~2017年6月

排気量

年式

車両 エンジン 仕様 充電制御車/IS/HV バッテリー型式
型式 型式 新車搭載 寒冷地仕様
1500cc

2015/11月
~
2017/6月

DAA-NHP10 1NZ-FXE Toyota Safety Sense C装着車 HV S34B20R
1500cc

2011/12月
~
2017/6月

DAA-NHP10 1NZ-FXE HV S34B20R

おすすめバッテリー

Panasonic カオス(N-S42B20R)
おすすめ度★★★★★
■S42B20Rと他メーカーよりも性能ランクが高く、価格も安い。「みんから」でも殿堂入り。高い耐久性と信頼性、さらにオーディの音質向上にも貢献するコスパと性能が最高のバッテリー。整備士としてもおすすめ。

GSユアサEHJ(S34B20R)
おすすめ度★★★★☆
■国産バッテリーのリーディングカンパニーであるGSユアサがリリースした次世代のバッテリー。品質に個体差が少ないのも安心できる。

S34B20Rに適合するおすすめバッテリーはこちら>

【後期型】2017年6月~2021年7月

排気量

年式

車両型式 エンジン 仕様 充電制御車/IS/HV バッテリー型式
年式 型式 新車搭載 寒冷地仕様
1500cc

2020/8月
~
2021/7月

6AA-NHP10 1NZ-FXE HV LN0
1500cc

2020/8月
~
2021/7月

6AA-NHP10H 1NZ-FXE Crossover HV LN0
1500cc

2017/6月
~
2020/8月

DAA-NHP10 1NZ-FXE HV LN0
1500cc

2017/月
~
2020/8月

DAA-NHP10H 1NZ-FXE Crossover HV LN0

おすすめバッテリー

BOSCH(ボッシュ)(PSIN-4F-LN0)
おすすめ度★★★★★
■欧州規格のバッテリーに関してはボッシュが強い。ドイツ車をはじめ多くの欧州車に部品を供給してきただけにバッテリーに関しても信頼性は高く、密閉タイプのメンテナンスフリーにも定評がある。耐久性や性能も折り紙付きだが、意外にも価格もリーズナブル。

GSユアサ(ENJ 340 LN0)
おすすめ度★★★★☆
■国産バッテリーのリーディングカンパニーであるGSユアサがリリースした次世代のバッテリー。品質に個体差が少ないのも安心できる。

LN0に適合するおすすめバッテリーはこちら>

前期型と後期型の補機バッテリーの違い

NHP10のアクアには2種類のバッテリーが搭載されているので、車検証で年式を確認しておきましょう。

もっとも確実な方法は、実際にバッテリーを目視で確認するやり方です。

バッテリーの固定方法で区別できる

↓ 前期型は縦長のステーでバッテリーを固定しています

アクア 前期型 補機バッテリーステー 1

↓ 後期型はバッテリーの下側で固定しています

前期型はJIS規格、後期型は欧州規格

LN0 S34B20R 外観の違い

2017年(平成29年)の6月まで制作されてきたアクアは「前期型」と呼ばれ、搭載されるバッテリーは30系プリウスにも搭載されていたJIS規格のS34B20Rです。

後期型のアクアは2017年(平成29年)の7月以降に制作されたモデルで、バッテリー形状は欧州規格のLN0です。

欧州規格とはいえ、ハイブリッド車用に設計されていて、前期型と同じくガス抜きのホースがあります。

どちらも交換方法は同じ

↓ 前期、後期ともにバッテリーの場所は右後席の下にあります

NHP10 アクア 補機バッテリー 場所

バッテリーの形状が違っていてもバッテリーの搭載位置は同じで、交換手順もまったく同じです。

NHP10型アクアの補機バッテリー交換方法

交換に必要な工具など

メモリーバックアップツール

アクアの補機バッテリーは、コンピューターやカーナビなどに記憶している内容が消えないためのバックアップの役割もしています。

そのため、補機バッテリーを交換するまえにバックアップ用の電源をアクアに接続しておく必要があります。

おすすめなバックアップの方法はOBD2のカプラーから電源を供給するやりかたで、簡単で確実なバックアップ方法です。

10mmレンチ

10mmショートコンビネーションレンチ 

バッテリーのプラス端子をマイナス端子を緩めるために必要で、前期型ではバッテリーステーを外すためにも10mmレンチが必要です。

後期型では12mmのレンチが必要

唯一の違いはバッテリーの固定方法で、前期型はバッテリーステーが上にあり、後期型はバッテリーの下側を固定していることです。

NHP10アクア後期型 バッテリーステー

↑ 後期型はバッテリーの下側をステーで固定しているため12mmのボルトを緩める必要があります。

あると便利な工具

前期型のアクアの場合、10mmのコンビネーションレンチさえあればバッテリー交換は可能ですがラチェットなどの早回し工具があると作業性が飛躍的に向上します。

 

首振りラチェットレンチ

10mmディープソケット

12mmディープソケット(後期型のみ)

内張り外し

バッテリーを覆っている後席のカバーを外すにはクリップを2箇所外す必要があり、内張り剥がしがあるとスムーズに取り外しができます。

交換前の準備

バックアップメモリーをセットする

↓ ルームランプを消しておかないとアクアの場合は後ろのドアを開けたままで作業をするのでバックアップメモリーが飛んでしまうことがあります。

ルームランプをオフにする

メモリーバックアップツール

OBDカプラーとバックアップツールを接続する

NHP10 アクア OBD2カプラーの場所

交換手順

後席下のカバーを外す

NHP10 アクア 補機バッテリー 場所

↓ プッシュリベットを2ヶ所はずしたらカバーを前方向に引きだします

アクア 補機バッテリー交換手順 カバーを外す プッシュリベット

↓ カバーを外すと補機バッテリーが見えるようになります

NHP10 アクア 後期型 補機バッテリー 

↑ この画像ではバッテリーステーが下にあるので後期型のアクアだとわかります。

バッテリーステーを外す

↓ 前期型のアクアならバッテリーステーは縦長になっていて2ヶ所のナットを外すとステーが外れます。

アクア 前期型 補機バッテリーステー 1

↓ 後期型は欧州規格のバッテリーなのでステーも下側で固定しています

前期型も後期型もステーを外すことでは共通していますが、後期型は12ミリのボルトを緩める必要があります。

マイナス端子を外す

アクア 補機バッテリー マイナス端子

プラス端子を外す

アクア 補機バッテリー プラス端子

ガス抜きホースを抜く

アクア 補機バッテリー交換手順 ガス抜きホースを抜く

古いバッテリーを取り出す

↓ 補機バッテリーを取り外した状態

NHP10 アクア 後期型 補機バッテリーを外した状態

↑ このとき、メモリーバックアップが接続されているのでプラス端子を車体に触れさせないように注意します。

プラス端子を触れさせてしまうとバックアップツールの保護機能が働いて車体内でのショートは回避できますがバックアップは失敗してしまいます。

新しいバッテリーを取り付ける

アクア 補機バッテリー交換手順 新しいバッテリーをセットする

プラス端子を接続する

取り外しと逆の手順でプラス端子を接続します

ガス抜きホースを差し込む

マイナス端子の奥にあるガスホースを忘れないように先に差し込んでおきます。

マイナス端子を接続する

マイナス端子を接続して固定します。

ステーを付けてバッテリーを固定する

バッテリー固定用のステーを取り付けますが前期型では上側のナットを締め付けすぎないようにします。

カバーを取り付ける

↓ 黒いカバーを取り付けて元の状態に組み上げます

NHP10 アクア 補機バッテリー 周辺

バックアップメモリーを外す

バックアップツールを外しておきます

交換後に確認すること

ハイブリッドシステムを起動する

アクア ハイブリッドシステム起動

パワーウィンドウのオート機能などを確認する

パワーウィンドウが自動で開閉できる状態ならバックアップも成功しています。

できない場合はオート機能を学習させる必要があります。

タイトルとURLをコピーしました