日産NV350キャラバン[YD25DDTi]のバッテリー交換方法とバックアップのやり方

YD25DDTi 日産 NV350キャラバン 日産

※当サイトはアフィリエイトを利用しています

YD25DDTi 日産 NV350キャラバン(以下NV350キャラバン)は、日産のキャブオーバータイプ商用バンです。

トヨタ ハイエースのライバル車種でもあります。

ここでは、NV350キャラバンのバッテリー交換方法と注意点などについて解説します。

YD25DDTi 日産 NV350キャラバンのバッテリー設置場所

YD25DDTi 日産 NV350キャラバン

NV350キャラバンは、エンジンのあるフロントシート下に設置しています。

助手席シートを持ち上げる必要がある

YD25DDTi 日産 NV350キャラバン

NV350キャラバンのバッテリーは、助手席側シートを持ち上げることから始まります。

二か所のストッパーがありますので、それを外して持ち上げましょう。

助手席側シート下の奥にバッテリーは設置されている

持ち上げると、助手席シート側の奥の方にバッテリーが設置されています。

YD25DDTi 日産 NV350キャラバンのバッテリー交換方法

YD25DDTi 日産 NV350キャラバン

NV350キャラバンのバッテリー交換方法を説明します。

バックアップ電源を取得する

YD25DDTi 日産 NV350キャラバン

NV350キャラバンは、セキュリティなどが装備されている年式もあります。

もしそういった装備のない年式でも、バックアップ電源を取得しておかないと、パワーウィンドウの初期設定が必要になるケースがあります。

NV350キャラバンのOBDⅡは、ハンドルの下部のコンソールに設置されています。

YD25DDTi 日産 NV350キャラバン

バックアップ電源を取得してバッテリー交換することで、パワーウィンドウなどの初期設定やナビの再設定などが必要なくなります。

バッテリー固定用ステーを外す

YD25DDTi 日産 NV350キャラバン

バッテリーを固定しているステーは、10㎜ナットです。

YD25DDTi 日産 NV350キャラバン

ボルトの吐出部分が長いので、ディープソケットを使用すると楽です。

バッテリーのマイナス端子を外す

YD25DDTi 日産 NV350キャラバン

バッテリーのマイナス端子を外します。こちらは、10㎜のメガネレンチで外せます。

バッテリーのプラス端子を外す

バッテリーのマイナス端子を外したら、プラス側のターミナルも外しましょう。

こちらも10㎜のメガネレンチで大丈夫です。

新しいバッテリーを載せて外した時と逆の手順で組み付ける

新しいバッテリーを設置したら、逆の手順で取り付けしていきます。

バッテリーは、非常に重たいです。ケガなどしないように慎重に設置しましょう。

YD25DDTi 日産 NV350キャラバンのバッテリー交換での注意点

YD25DDTi 日産 NV350キャラバン

ここでは、NV350キャラバンのバッテリー交換する際に、注意してほしい点などについて解説します。

バッテリー固定ステーシャフトが長くなっている

NV350キャラバンのバッテリーは、比較的狭い場所に設置されています。

さらに周りを鉄で囲まれたボックス上の中にバッテリーがあります。

バッテリー固定ステーを止めているシャフトが長く伸びていますので、ディープソケットと短めのラチェットを使用することをオススメします。

NV350キャラバンのバッテリ交換で必要な工具

車名 型式 標準 寒冷地
キャラバン YD25DDTi 110D26L-HR 110D26L-HP

NV350キャラバンのバッテリーは、充電制御車用バッテリーを純正採用しています。

NV350キャラバンのバッテリ交換で必要な工具は

  • バックアップ電源キット
  • 10㎜のディープソケット+短めのラチェット
  • 10㎜のメガネレンチ

NV350キャラバンの場合には、スペースが狭いことからプラス端子側でショートさせてしまう危険性が高まります。

軍手など絶縁できる素材で、プラス端子などを保護しておくと良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました